ドクター鈴木のホームページ
基本を考えていくホームページにしたいですね。無断転載はご遠慮下さい! 感想や質問はこちらへ
戯言ブログ役立つ独り言草莽崛起の会モバイルノートPCオーディオ他の趣味
日常生活品愛車と車関係旅行写真集地域情報基礎知識フリーソフトHPのリンク経 歴

「KENWOOD LS-1001 スピーカの改造」
詳細は、見たい画像をクリックしてね。 ※改造は自己の責任において行ってください。 技術を理解できない方の改造はおやめください! 2009/04 KENWOODのコンポ スピーカー LS-1001を購入! ホームに戻る オーディオに戻る
このスピーカは、94年発売のミニコンポ K's 1001シリーズの付属SPで、   単品販売のLS-300Gは60,000円です。 ・15cm ウーファー/2.8cm ソフトドームツィーターの2ウェイ 背面バフレフ形 フレームはアルミダイキャスト、45Hzから30KHzのワイドレンジ クロスオーバー周波数 1.5kHz/6db oct、バナナ端子対応の金メッキターミナル ・210(W)×348(H)×308(D)mm 重量 7.8kg ・MAX POWER 60W インピーダンス 8オーム 音圧レベル 82db/W/m 音は低音がでてヨーロピアン的な臨場感のある落ち着いた音です。 ●まずは、LS-1001の写真から(^^ゞ 付き板仕上げです バッフルはMDF2枚張り OFCのSPケーブルが 標準添付です。
まずは、ネットワークの解析と改造 改造の基本であるケミコンをフィルムコンに交換します。 コンデンサが4個並列接続で 容量調整されている。 手持ちのコンデンサで容量調整
コンデンサは EROの2.2uF TANNOYから外した4.7uF 松下の0.47uF に交換追加で何とか 容量合わせました。
バスレフダクトの調整 低音が出すぎるので 100均に置いてあるスポンジに 穴を開けダクトにつめて調整 設置後に丁度良い音になるように 穴の大きさを調整します。
インシュレーターの取り付け いつものゴルフティの インシュレーターを取付け 10円硬貨を貼り付けて完了! ※インシュレーターの表面積と 高さの兼ね合いが決めてです。
TOPに戻る
inserted by FC2 system