ドクター鈴木のホームページ
基本を考えていくホームページにしたいですね。無断転載はご遠慮下さい! 感想や質問はこちらへ
戯言ブログ役立つ独り言草莽崛起の会モバイルノートPCオーディオ他の趣味
日常生活品愛車と車関係旅行写真集地域情報基礎知識フリーソフトHPのリンク経 歴

「愛車のアップグレードと写真です」
私のお気に入り「スズキ Kei S」2WD 4AT/DOHC12バルブツインカムターボの パールホワイト色で00年4月製 2型 走行2600Kmの新古車を01年1月末に購入。 購入後のイジリ写真で、参考になる部分があれば嬉しいです。(^○^) ブースト計やターボタイマーも付けたいけど、ゴチャゴチャも嫌だな ※08/11 出会い頭の追突事故で、廃車になってしまいました(ーー;) 詳細は、見たい画像をクリックしてね。 ※改造は自己の責任において行ってください。 ホームに戻る 私の愛車に戻る
可愛いKeiちゃんでーーーす。 clubKeiのステッカーを貼り、少しは目立つかな。 ●Keiのトラブル対策 1)エンジンがかからない。 ・01年1月新古車を購入して7月ドライブ中に駐車場でエンジンが掛からなくなる 少し上り傾斜だったので、ニュートラルにして平地までバック。 平地では、エンジンが掛かりました。 そのときはあまり気にしていませんでした。 ・01年9月小豆島と四国一周の渓谷で工事中でエンジンを止める、(上り坂) 再度エンジンを掛けるが5分くらい掛からず、後ろからクラクションを 鳴らされあせる。何回かATのシフトレバーをガチャガチャし何とか掛かる。 以後、エンジンを切ることを止める。 ・小豆島と四国一周から戻りデーラーへ電話し、引き取りチェック ATシフトの位置センサを無償交換し現在まで問題は出ていない。 2)坂道で100Kmしかでない? 小豆島と四国一周の行きで、東名を135Kmで700Kmを走行中 たまに、坂道で100Kmしかでない?。 ・デーラーに持ち込むが、ターボ系など異常なし 今考えると、ブーストのリミッタが効いているようです。 ターボのアップか、ブーストリミッタ解除やブーストコントローラが必要だ! 05/09/05に山陰一周で原因を追求! ・クーラーはONの状態で上り坂を走行(オートマ) ターボ-が(ブースト 0.65〜0.7辺り)効いた状態で上り坂を登ると ギヤチェンジが出来なくなり回転数が上がって音がウルサイ! (上り坂で、前の車が遅い場合にギヤダウンしてギヤアップが出来ない) 対策: ・ブースト値が0.65以下で上り坂を走行する。 ・高速走行時のエアコンはOFFにする ・運転の下手な車の後ろにつかない事 ・上り坂の手前から一気に加速する(130Kmで上れます) 以上、参考まで(^^ゞ 3)溝落でタイヤが裂ける! ・03年9月に北海道 函館 -> 青森 奥入瀬渓谷/十和田湖 -> 秋田 男鹿半島を走行 男鹿半島で溝落を喰らってしまった!タイヤが裂けた! 通行車を止めて溝から上げタイヤ交換し道路へ移動、まいったまいった(-_-;) 次の日、男鹿半島を発つが、どこにもタイヤがない!秋田へ行けばあるとのことで とことこ秋田まで走り、イエローハットで10分で取寄せ1本交換し高速へ 120Km〜140Kmで800Kmを走行し、千葉の我家へ。 アリーナで点検、オイルパンからオイルが少し漏れている(-_-;) オイルパンカバーとATFオイルの交換だ!4月の車検でATF交換したばかりなのに アルミホイールも2本傷が。。。気になるので交換だ! タイヤも1本気になるのがあるし、タイヤも交換だ! で大分出費が。。。。。。 参考)ホイール重量 約5.8K/タイヤ 165/70R14 重量 約5.6Kg ※予備タイヤは装着品と同じ物にしてもらいたいですね! 予備では、カコンカッコンとビッコを引いて走っているようなものです。 ・05/03/24 スズキ自販千葉本社の1日車検で、5年間交換していないプラグを イリジュウム(IXU22C)に交換、少しは力強くなるのかな?本社は対応が良い! ・05/01/19 5年バッテリー交換していないので、38B17Lから44B19Lに交換。 TOPに戻る
●2DinDVDカーナビとホーン交換です カーナビしながら、MD/CDが聞けるのは最高だな(^○^) クラクションも「ビー」から「ファーン」に変わり高級感がでたぞ! 友人に遠出するなら必要だよ、でレーダ探知機を取付けてしまった。 これが、ミラー取付けタイプで赤外線受光部が当ってしまう、受光部を移動だ! TOPに戻る
●アーシングを行いました アーシングの効果は、力強くなったのは確かです。(^○^) 圧着器まで購入した価値があったかな?ケーブルは耐熱の8スケアです。 ※アーシングを行った後は、バッテリー端子からマイナス接続端子を5分以上外し、 制御コンピュータを初期化してからマイナス接続端子を取付けよう! ・写真のエンジン上部、点火プラグの部分が加速アップとパワーアップに効いています。 セイワのアーシングターミナル(ET-1)が350円!で取付けてみた。 2004/3/28 圧着端子は、Kei側は6-8 8-1/4で、アーシングターミナル側は8-8 8-5/16を用いた。 アーシングターミナルを取付けるが ワイパーモータにアーシングすると ワイパーの調子が良いとのことで 1本アーシングを追加した。 アーシングのケーブルが7本になったが、 あと、1本は取り付け可能だ!(^_^;)
ワイパーのアーシングを外し、エンジン上部右側にアーシング! 2006/3/22 ワイパーモータのアーシングを エンジン上部右のネジ穴に付替えた! ※力強くなりましたよ! インタークーラーのカバーを 外せばやり易いよ! アーシングは、これで最終かな(^_^;)
TOPに戻る
●ウルトラターボモニター4705の取付けだ! 永井電子機器のウルトラ・ターボモニター 4705を取付けました。(^○^) 機能は) ・スピードリミッタのカット(リミットオフ設定有り)190Kmはいくそうな ・ターボタイマー(ターボの動作状態でオフ時間を決めてくれるオートモード) ・ブーストメータ ・スピードメータ(当然リミッタカットだからなければね) の4機能を備えていて、価格も安いので満足しています。 ※リミッタカット/ブースト計/ターボタイマーを考えている方はいかがですか 取付けは) ・メーター本体は、ステアリングの上、中央が視認性や見た目上が良い ・ブーストセンサーの取付け位置は、エンジンルーム内のヒューズボックスの 取付け金具に空いている穴を利用。(ゴム管はなるべく短く) ・車速信号の配線は、心配なので付属のギボシ圧着ケーブルを半田付け ・ケーブル類の車内へは、ゴムのグロメットにケーブルを通し車内へ ・メータからのボディアースは、運転席右足元の樹脂カバーをはずせば 室内のアースをとめているネジがあるのでそこへ取付け。 ・ブースト、車速、キースイッチ、パーキングの各ケーブルは束ねてスティアリング内へ ・パーキングSWへ直接配線。(ケーブルが短いので延長) ・ケーブルが見えないようにタイラップで束ねてほかの線に沿って引き回す。 ケーブル類も見えなくて綺麗にできて満足じゃ! TOPに戻る
●ジェットウオッシャーに交換だ! 純正ウオッシャーの出が気に入らないので、ジェットワイドウオッシャーを 探していたところ、2口用の格安品があったので衝動買いしてしまった。 ・純正と違ってスリットが横に入っている。 ・取付けは、簡単だがKeiは取付け位置の隙間が狭いので セロテープでナットを固定してから取付けないと ナットやスプリングワッシャを落としてしまいます。 ・角度調整は、ノズルが上下左右に動くので楽です。
・色が車の色と同じパールホワイトで良かった。(^○^) ・使用感は、霧状で吹き付けるので良さそうだが その分、視界が悪くなるので運転中は危ないな! ・肝心の価格は980円です。(^○^)でも台湾製です。 2個口なので1個余ってしまった。
TOPに戻る
●エアークリーナの交換だ! 以前からエアークリーナの交換を考えていたが、今回ClubKei関西支部の 姉タマさんから、ホイールを譲ってもらいオマケでハーフウェイの 純正交換タイプエアクリーナを頂いたので取付けて見ました。 ・純正エアクリーナとの比較 青い方がハーフウエイです。 エアクリーナを外した ・下の交換写真も参考にしてね。 ※インタークーラーのカバーを外すと 作業がやり易いですよ!
●交換した効果は @加速が良くなった? A吸気音が少し大きくなった?(少しゴー) 力強くなったような感じがする ......... 自己満足です(^_^メ) ●03/12/23 BLITZ SUS POWER AIR FILTER LM に交換 交換した後で、純正剥き出しタイプがあるのを知った。 これは、純正エアーBOXを用い、フィルターが剥き出しになる 「INDUCTION COVER」と呼ばれている製品で13,800円だ。 ブシューンゴーと言う吸気サウンドが期待できるそうだ。 次回は検討してみよう。 ※ ハーフウエイと似ているが、表がSUSのメッシュになっている。 TOPに戻る
●エアコンのフィルタ清掃で真っ二つ! ClubKeiの相良さんのHPでエアコンのフィルタ交換があったので、 一度も清掃したことが無いで、清掃することにしたが、問題が! @相良さんと同じように真っ二つに切れてしまった!欠陥でないのか! また、フィルタに木の葉が付いていた、どこから入ってくるんだ! A接着剤で固定し再度挿入を試みるがギリギリ設計で、1枚目が完全に入らない! 樹脂の枠の部分が当たって入リにくいようだ。!また切れてしまった! Bしょうがないので、パーツを発注することに、電話でコツを聞いてみたが やはり、きついのでドライバーで周りを広げて入れているとのこと。 純正は樹脂枠ありですと、相良さんが発注したフィルタは薦めなかったが 枠無しのほうが、どう考えても良さそうなので枠無しを発注した。 品名:フィルタ 部品番号:95860−81A10 値段:¥1,650− で相良さんと同じものだと思います。 ※樹脂の枠を当たらないように少し削り、接着剤で接合し、再度挑戦だ! こんどは、ドライバで少し広げてやって巧く入りましたよ!大成功(^○^) ・木の葉が付いていた! どこから入ってくるんだ。 ・接合部は布系の素材が 接着されている。 ・余裕を持った設計をしてくれ!
※二つに割れたフィルタ、フィルタを外すときの固定カバー、実際の取付け ・固定用のカバーを外すときはロックの爪を折らないように気を付けよう! ・エアコンのフィルターは、助手席のBOX下の奥です。 ※共通部品?のフィルタは、樹脂の枠も無くチャチで 一寸引っかかれば裂けてしまいそう! TOPに戻る
●ハーフウェイのD-CONを装着だ! 04/4/22 D-CONを付けるとパワーと燃費が10%アップするようなので装着してみた。 D-CONとは、空/燃比を最適にコントロールするサブコンピュータのようだ。 たまたま、20周年記念で安かったので即電話で発注し翌日に届いた。 取付け車種は、U型のKei S 2WD 4AT(K6A HN21S) 小さなBOXで、通電ランプも 何もない。 サブCPUだから当然か。 裏面に車種切替用?の DIP SWがあるだけだ。
まずは、接続ケーブルをCPUから 引き込まなくては。 ・ボンネット内のグロメットに 巻いているビニールテープを剥ぎとり、 助手席側のグロメットからケーブルを 引き込むのだがこれが大変だ! ドライバーでグロメットを広げるが ケーブルが入らない!
そうだ、電工屋の方法があった! 最初に針金を通し、3本のケーブルを ビニールテープで巻きつけて、 助手席側のグロメットに先っぽを入れて 引張りこんだ。これが上手くいった! 残りの3本は、最初に入れた3本の線に 絡げて引張れば合計で6本OKだ! 上手くいって良かった\(^o^)/
次はCPUとの接続だ! ・カットするプレッシャー信号線を 先に処理した。ギボシ端子に圧着し 半田付けをした! ・エンジン回転信号と12Vとアース線は 3mmほど被覆を上半分剥いでD-CONの線と 半田付けし、お馴染みのセメダイン スーパーX2で絶縁被覆を付け、
固まったら、ビニールテープを 巻いておしまいです。 ・助手席のダッシュボード下に D-CON本体を付属の両面テープで 固定して完成です。\(^o^)/ ※作業時間は1時間30分から2時間 配線も綺麗にできて満足じゃ(^.^)
試運転の結果は、効果がすぐに体感できました! @加速時のギヤチェンジが素早い -> 加速が良い/燃費が良いにつながる ・今までの信号待ちなどの無駄なLowの空吹かし的なスカスカがなくなった! (タコメータとブーストメータで確認できる) Aトルクアップは、坂道の上りで体感できた! 坂道の加速も今までよりもスイスイで安心して走れます。 B給油したので計算してみると、10%ほど燃費もアップしているようだ。 ※町乗りでの燃費は、殆ど変わらないようです。 D-CONを装着して良かった\(^o^)/信号待ちや坂道で普通車をあおっています(^^ゞ TOPに戻る
●コンデンサーチューンを製作して取付けた! 05/10/31 クラブKeiの四軒長屋住人さんが実験して効果があるようなので、 手持ちの部品で試作してみた。(^^ゞ 試験走行の結果、効果があるようなので、105℃のコンデンサで 容量も追加変更して正式製作する予定です。\(^o^)/ 手持ち部品なのでコンデンサは 85℃の2,200uF/1,000uF/470uF/100uF 0.47uFで構成し、保護用に5Aのヒューズ 通電用に緑のLEDを2Kオーム経由で 取付けた。
LED用の抵抗は2Kオームで 5mA前後が流れるがバッテリーの 自己放電や他の機器の待機電力から 見れば微々たるもので、 問題は無いだろう!
取付ける前に-50℃〜150℃対応の ガラス目地防水シール材で 絶縁処理を行った! これで、ショートすることは無いだろう! 取付けは、宙ぶらりんのブン投げです(^_^;)
効果は) 40分の50Km前後の走行で、実装試験を行ってみた結果 ・エンジン始動が速い ・DやRレンジでアクセル踏まなくても動いてしまう (普段より動くのでトルクアップしたのか?) ・上り坂でのトルクアップが感じられる? ・ギヤチェンジがスムース?普段より速く切替わる ・メーターの動きが滑らかだが鈍い感じ? ・惰性でスムースに動く? こんな感じで効果はあるようです。 ※走行後の取付け場所の温度は34℃、エンジン温度は180℃で、 85℃のコンデンサーでも大丈夫かなと言うところです。 11/3 エンジンコントロールが滑らかになり、トルクアップで 惰性が強くなったのか、以前よりアクセルを踏まなくなった。 で、燃費軽減に繋がるのではないか(^^ゞ 刺々しいギクシャクした動きが無くなったような? ●実験も終ったので、無料プレゼントで貰われていきました。 ※でも、外した後の状態が良くない!(-_-;) 2006/03/21 @エンジン音が大きくなった (家内からの指摘) A坂道では、トルクがなくエンジン音が大きい (家内からの指摘) Bオートマなのでギヤチェンジがギクシャクする 早速、2作目を作成して取り付けた! ※コンデンサは、4.7uF(フイルムコン)+470uF+1,000uF+3,300uF 2007/03/26 いままで気になっていたので、4,700uFを追加した(^_^メ) ・ヒューズとLEDは無し 簡素化と小型化を行った ・-50℃〜150℃対応の 防水シール材で覆ったぞ! 繭みたいだな(^^ゞ
・取りつけは1作目と同じく 分投げです。(CPU横です) ・防水シール材で繭状で包んで 温度と水滴には万全です(^^ゞ
※結果は、1作目の状態に戻り!効果はあるぞ! @エンジン音が大きくなった --> 改善された! A坂道では、トルクがなくエンジン音が大きい --> 改善された! Bオートマなのでギヤチェンジがギクシャクする --> 改善された! ※部品代で1,000円も掛らないので取付ける価値は大いに有りです! ※2008/08/29 甥っ子にプレゼントでケース組み込みで製作 ・不用な光バッファーのケースが 合ったので、LEDランプ付きで 組み込んでみた。 ・内部は防水シール材で充填! ケーブルは赤と青、 ケースは赤で、いかにも パワーが出そうですね(^^♪
TOPに戻る
シガーライター直付コンデンサチューンを製作!06/08/21 最近のシガーライター直付のコンデンサチューンが効くのか確認してみた。 ※結果は、効果あるようです。! ・エンジンの音がより静かになった!外がうるさかったから? エンジンが切れたかと思ってキーを廻したら掛っていた(^^ゞ ・エアコン動作中でも加速がスムース(^^ゞ 以上がチョイ乗りで気が付いた点でした。 ・シガーコネクタをカットし コンデンサを縦に付けてみた ・コンデンサは3,300uFと フィルムコン4.7uF ・LEDは1.5Kの抵抗を接続し 通電確認用とした。
・いつもの金属用パテ系 接着剤で固めてます。 ※LEDの動作確認後に 固めてね(^^ゞ
・実際に取付けてみました。 LEDが黄色く光ってますね。 (本当は緑色です) ・実験用なのでむき出しだが パテで固めてるので安全です(^^ゞ
※3作目の最終作で、容量は4,700uFにアップ(^^ゞ 07/03/31 ・市販品のシガープラグで製作 ヒューズ付です。 (コンデンサが真直ぐ入ります) ・フイルムコンやLEDも内蔵 ・パテ系接着剤で固めてないので 後から部品交換も可能です (^^ゞ
TOPに戻る
●電源プラス側の強化を行った! 06/05/14 アーシングでマイナス側の強化で効果があるのだから、 プラス側の強化でも効果があるだろうと行ってみた(^_^メ) ・バッテリーのプラスから ヒューズBOX間の配線を強化 ・8スクエアのケーブルを 保護カバーを通して結線した。 ※ショートしないように気をつけよう!
効果は、アーシングやD-CON/コンデンサチューンを行っているので、 極端な変化は感じられないが、エンジン始動/坂道でのトルクと音/ 加速/エアコン動作時など安定して力強いので、安心感を感じます。 ※給油して見たら、10.5Km/lが11.81Km/lと10%以上の燃費向上だ! エアコンを考慮しても5%は向上していそうだ。 いつもの急勾配の坂道でもパワーフルなので、 プラス側配線強化はパワーアップと燃費向上があると 判断して良さそうだ(^^ゞ TOPに戻る
inserted by FC2 system